超アルカリ水のこだわり

2015.09.23
ブログ

製品へのこだわり

1. 高品質を手頃な価格で…低コスト化

pH13.8の極めて高いアルカリ電解水を生成する技術が確立されたことで、従来の量産システムでは限界域とされてきましたpH12.5を超えたpH13.0以上の高アルカリ電解水の量産が可能となり、低価格化を実現しました。

例えば、超アルカリ水を清掃に使う場合、一般的にはpH12.0やpH12.5で十分に汚れは落ちます。 しかし、エコグローブとしましては、洗浄力濃縮タイプとして市販品最高のpH13.27 にこだわりました。

  • あらゆるガンコな油汚れに対して原液が有効(希釈可能でも濃縮不可)
  • 用途に合わせた希釈使用で安価に幅広く使用可能
  • pH値が高いほど開封後の洗浄能力の低下を抑制
  • 濃縮タイプとしてコンパクトに効率的な輸送とストック

  • pH1.0の差は、洗浄力10倍の差です。
  • 油のベトベト、タンパク質、タバコのヤニが簡単にサラッとキレイに落ちる洗浄力の違い。
  • 化学洗剤だと、ゴーグル、マスク、手袋の完全防備が必須なくらい危険なレベルの洗浄力。

2. 品質が安定していてpHが低下しにくい

高アルカリ電解水は、空気に触れることで徐々にpHが低下して行きます。そして、pHの低下を抑制することが高い洗浄力を維持するポイントです。超アルカリ電解水は安定性に富み、開封後もpHが殆ど低下しません※1ので高い洗浄能力を維持します。

pH安定
未開封・開封時のpHの経年変化

※1但し、フタを開けっ放しにしていた場合など、空気と多く触れる環境下では著しくpHが低下します。

  • ネジ山の数、厚み、機能まで検討し、別メーカーのスプレーヘッドとボディーを採用するこだわり
  • 新製法による成分安定はpH維持の重要要素
  • 特にpH13以上になるとpHが落ちにくくなる高アルカリ水の特性。

3. ベース原料100%水で『混ぜものゼロ』『不純物ゼロ』の真面目な電解水

超アルカリ電解水は原価を掛け、食品添加物からイオン状態のカリウムだけを電解質供給する新製法なので、不純物ゼロで成分も安定しています。だから掃除をした後の残留物もありません。 従来の塩を直接水に混ぜて食塩水を電解する製法では、製法的にpH12.5が限界値なので、少し混ぜモノをしてpH値を上げている商品や、表示のpH値より実際は低い商品など様々な商品が市場に混在しています。

強アルカリ特性に不動態被膜による一定の防錆効果がありますが、塩を電解質として使うと、逆に錆の 一因であるナトリウム成分が効果を阻害してしまいます。超アルカリ電解水はナトリウム成分を含んでいません。

4. 極めて高いアルカリ性 pH13.8強の生成を実現した新技術

電気分解の新技術

従来の技術では、pH12.5を超えると生成量が極端に少なくなり、量産の実用ベースではpH12.5程度が限界といわれてきましたが、新技術の開発により、その値を大きく上回る脅威のpH13.8強の電解水を生成することに成功しました。

5.手間を惜しまず、徹底した品質管理で安定した最高品質を出荷

製造後サブタンク ⇒ 24時間後pH安定を確認 ⇒ 貯蔵タンク ⇒ μフィルター ⇒ pH確認 ⇒ 容器詰め ⇒ 出荷


超アルカリ電解水
超アルカリ水洗剤『フッキーナ・プレミアム』

totop

本来のECOは“コスト削減”の追求

2007年に設立されました『ECOグローブ21プロジェクト』では、オンリーワンな新技術を活用したコスト削減、電力削減、燃料削減、フライヤーオイル延命、フォークリフトバッテリー延命、ゼロエミッション、赤錆・赤水対策、油脂排水、衛生管理など、お客様のニーズに合わせ、コスト削減と環境負荷軽減に繋がる様々なソリューションをご提案しております。

また、エコストダウンのメニューに無い課題でも、人的ネットワークでご紹介できる場合もありますので、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 受付時間 10:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら