助燃添加「省燃時代」

0.01%の添加で農業ボイラ‐25蒸気ボイラ12省燃料化

  • イーアクティブ
  • 助燃添加アルコール省燃時代

活性電子が燃焼環境を改善して省燃料化。経費CO2削減

独自技術イーアクティブで活性電子をチャージした助燃添加用の100%燃料アルコール

燃焼は、燃料成分と酸素が織りなす化合反応0.01%の添加に含まれる活性電子が燃料成分酸素との結合を促進させることで燃焼効率を向上させます

燃焼時に電子が豊富だと、こんなに違う!

添加前

添加後

添加前アルコール燃焼

添加後アルコール燃焼

ここがポイント💡

  • 活性電子をチャージした無添加の成分100%燃料用アルコール

  • 更に添加率は0.01%なので、10㍑に対して1mlだから燃焼設備を傷めようがありません

  • 重油又は灯油1㍑に対して費用は約3円

  • 不完全燃焼が減り、燃焼設備への負荷も減る

燃焼とは 燃焼

 ➠ 炭素Cは、燃焼により酸素O2 と化して、二酸化炭素CO2

 ➠ 水素Hは、燃焼により酸素O2 と化して、H2O

 ➠ 硫黄Sは、燃焼により酸素O2 と化して、二酸化硫黄SO2

                 ➠ その時、を発する

助燃添加アルコール「省燃時代」の働き

燃料に活性電子を添加することで、

  • 燃料の燃焼反応(成分の化合反応)の効率が改善されます。

  • 不完全燃焼が減るため、ススの発生が抑制されます。

  • 着火しやすくなり、引火点が下がります。

  • 同時に排出ガス温度にも低下が見られます。

  • ボイラーは、より高効率に、より安定的に、蒸気を発生します。

tomato

実際に停止していた時間割合

未添加 44 添加後 55%

トマトハウス結果1

ハウスボイラー2

ボイラの制御システムデータ及び流量計からの分析

未添加 《約12%》 添加後

ボイラー結果

ボイラー結果

費用イメージと使い方

助燃添加アルコール 「省燃時代」 希望小売価格

基準添加量:  1:10000 (0.01)

サイズ

本体価格(税抜)

重油量と添加費用

例:1000ℓの重油又は灯油タンクに100

450ml

¥15,000

4.5㌔ℓ分(¥3.3/ℓ)

初回、満タン給油時に容量の0.01%を添加

1L

¥30,000

10㌔ℓ分(¥3.0/ℓ)

2回目からは給油量の0.01%を添加

4L

¥108,000

40㌔ℓ分(¥2.7/ℓ)

※初回のみ2倍の0.02%添加を推奨

製品についてのお問い合わせ

一覧に戻る

業種別関連製品

totop

本来のECOは“コスト削減”の追求

2007年に設立されました『ECOグローブ21プロジェクト』では、オンリーワンな新技術を活用したコスト削減、電力削減、燃料削減、フライヤーオイル延命、フォークリフトバッテリー延命、ゼロエミッション、赤錆・赤水対策、油脂排水、衛生管理など、お客様のニーズに合わせ、コスト削減と環境負荷軽減に繋がる様々なソリューションをご提案しております。

また、エコストダウンのメニューに無い課題でも、人的ネットワークでご紹介できる場合もありますので、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 受付時間 10:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら